見た目に自信が持てないときは

長年、鏡で自分を見続けているのですから、「前より老けた」[シワが増えたな」と感じることもあるでしょう。しかし、それが原因で出会いを遠ざけているのであれば、なんとももったいない話です。

見た目の印象を決めるのは、①顔や、②スタイルだけではありません。

③服、④小物、⑤ヘア、⑥メイクなどのオシャレ、さらには、⑦表情、⑧話し方、⑨仕草、⑩振る舞い・所作も含めたトータルで判断されるものなのです。

たしかに①②は、それなりの努力をしなければ少しずつ後退するでしょうが、③④⑤⑥は、ある程度の工夫で効果が現われるところ。そして、大人の女性に自信を持ってほしいのが、⑦⑧⑨⑩。これは対人経験の豊富さを生かせる強みなのです。

たとえば、穏やかな笑顔、癒しと包容力を感じさせる話し方、大人の女性らしい気づかいと所作があれば、多少のシワやボディラインのゆるみくらいはカバーできるでしょう。

すなわち、顔やスタイルなどのパーツを見せるより、女性らしい雰囲気を感じさせる、瞬間的に見せるのではなく、何度か会って実感させる姿勢があればOK。美魔女のように①②を徹底的に磨かなくてはいけないのではありません。

また、見た目で自信をつけたいのであれば、自力で何とかしようとするよりも、プロの手を借りるのがおすすめ。①⑤⑥はヘアメイクアーティスト、②はボディトレーナー、③④はパーソナルスタイリスト、⑦⑧⑤⑩はコミュニケーションコーチなど、個人の相談に乗ってくれる専門家も多いので、積極的に活用しましよう。

プロの手を借りれば、少なからず自信がついて、「出会いの場に行ってみよう」とも思えるもの。また、身近な友人や同僚などに「変わった」「キレイになった」とホメられることから少しずつ自信をつければいいのです。

顔やスタイルだけではなく以上の10の項目をバランスよく見せるようにしましょう。

大人の男性に好印象を与えたいのなら、シンプルを心がけるべきです。

服やヘアメイクも、自己PRも、抑えめにしたほうが、男性たちは「清楚、控えめ」と感じるものです。「若く見られよう」として着飾りすぎたり、「知的と思われよう」として話しすぎないように注意が必要です。