年を重ねると恋愛観が変わる?

アラフォーの未婚女性と話していると、20代、30代、現在と、年代ごとに恋愛観が変わっていることに気づきます。

20代のころは、「恋愛を楽しみたい」「相性のいいパートナーを見つけよう」と思っているだけですが、30代に入ると考え方が一変。「結婚・出産したい」「婚活をがんばりたい」という願望が高まります。

しかし、独身のまま40代を迎えると、「今さら焦って結婚相手を決めるより、じっくり相性のいいパートナーを見つけよう」「結婚にカツカツしたくない」と再び考え方が一変。

そう、40代に入ると、強かった結婚・出産願望がいったん落ち着き、20代のころと同じように「相性のいいパートナーを探そう」と考えるのです。

知り合いのMさん(41歳)は、「30代のころは『何としても結婚・出産したい!』と思ってパートナーを探していたけど、結局、好きになれる人がなかなかいませんでした。

でも、40代になって『まずは恋愛できるパートナーを見つけて、れから結婚を考えよう』という考え方に変わったんです」と話してくれました。

彼女の努力が実を結ばずに40代を迎えることになった理由は、結婚相手を探す婚活であるにもかかわらず、心の奥の「恋愛したい」という強い想いを抑えきれなかったから。

しかし今のMさんは、短期間で相手の良し悪しを決める婚活から解放されて肩の力が抜け、素直な気持ちで恋愛と向き合えるようになったのです。

既婚女性たちも「今、本当に幸せ」と言い切れる人は少なく、ましてや「結婚が正しかった」という結論も出せていません。晴れてパートナーができたら、結婚を考えてもいいし、そのまま恋愛を楽しむのもアリ。

すべてはあなた次第なのです。